このページは執務室から見られるワールドマップのみに限らず、各種ストーリー・小説等のネタバレを含む可能性があります。ご留意下さい
各キャラクターの相関関係はこちら

スプリングガーデン ワールドマップ

worldmap_20160516.jpg
七つの世界花を生命の源とし様々な花と人々が生きる豊かな世界。
生命の源泉であり大地として生きる巨大な花――世界花に支えられた花の世界。

知徳の世界花『ブロッサムヒル』

ブロッサムヒル2.jpg
スプリングガーデン最大級の都市国家。
千年前、伝説の勇者を介して初めて『花騎士』と呼ばれる存在が誕生した地であり、
それまで為す術もなかった害虫の脅威に対する反撃の拠点として発展していった。
気候は一年を通して穏やかであり、土地が開けていることもあって比較的暮らしやすい。
城下町には初代花騎士の名を冠したフォス騎士団学校をはじめ、
大図書館や学問所、闘技場など花騎士にとって有用な施設が充実しているほか、
盛んな交易によって流入される様々な物資が市場を賑わせている。
また郊外には田園や果樹園も見受けられ、それらを輸送する花騎士の部隊も存在する。
  • イベント
    • フォスフォレシア・カーニバル(実行委員:レシュノルティア・モモ・ハナモモ・ツバキ・ホトトギス)
    • 納涼イベント:【恐怖! 花のドクロお化け屋敷!!】
    • フォスの大狩猟祭
      • 初秋に開催される、フォスの花嫁のお披露目式典、およびそれと同時開催される花騎士総出の害虫討伐祭。
        開会式・閉会式は空中庭園で行われる。
    • 新年恒例の通過儀礼(緊急任務 目指せ! 一流の花騎士)
      • ブロッサムヒルの見習い騎士には、新年に「大型害虫の討伐を通じ、一人前の騎士とみなす」という恒例の通過儀礼がある。
        前線の花騎士なども補佐・監督役として来るのだが、手本を見せるという名目のもとに討伐に参加しても良いようだ。
    • ひな祭り(緊急任務 花の都のお姫様)
      • ブロッサムヒルではこの行事が大々的に執り行われるため、ひな祭りの時期になると各国から多くの観光客が集まる。

世界花「ブロッサムヒル」

世界花ブロッサムヒル.jpg
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
知徳の世界花。周囲にはスプリングガーデンでも最大級の栄華を誇る都市が広がっている。
初代花騎士であるフォスの名が刻まれたフォス花騎士養成学校があり、
騎士団学校はここからスプリングガーデン全土へと広がっていった。
また、絹織物をはじめとする産業や交易が盛んである。
その理由の一つとして、害虫の侵入を拒む堅牢な城壁が挙げられる。
  • 関連施設
    • 空中庭園・ホウェイル飛空艇乗り場・大広場(噴水有り)・アンカー市場・ブロッサムヒル大聖堂

フォス平原

中心街から港市場へ続くフォス街道により、南北を分断される平原。
穏やかな気候と海に面した陸地のおかげで緑の草木が広がっており、
整備された街道からの眺めは常に春の訪れを感じさせる。
  • ノーマル任務20の舞台。

フォス街道

ブロッサムヒル有数の幹線道路。
昼夜を問わず多くの市民や商隊が往来するため、
各騎士団には、絶え間ない巡回が古くから義務付けられている。
その関係で周辺の害虫活動は比較的抑えられている傾向にあり、
准騎士の実戦訓練地や新人騎士団長の初任務先として選ばれることも珍しくない。

旧フォス修練区

ブロッサムヒルとウィンターローズの国境付近に位置する廃墟。
かつてフォスが騎士団のために設立した修練場だったが、
現在は廃墟となり使用されておらず、害虫の巣窟になっている。
  • ノーマル任務13の舞台。

港都市ヨーテホルク

ブロッサムヒルでは唯一海に面した地形に位置する港都市。
中心部よりフォス街道で繋がっており、航路からもたらされる物資は市場を大いに賑わせる。
この街から広がる一帯はヨーテ地方と呼ばれ、
都市の北部には専用の港を持つ貴族たちの居住区「マグナホルク」が存在する。

商業路ミムイス

ブロッサムヒル中心街と商業都市スカネを結ぶ商業路。
中心街から南西に続いており、ミムイスの湖畔を通り、商業都市スカネまでの最短ルートとなる。
比較的穏やかな路であり、物資輸送のために使われる他、商業関係者や騎士団が常時往来している。

ミムイスの湖畔

ブロッサムヒル南一体に広がる広大な湖のほとり。
水源は遠く北国の雪解け水であり、
長大な地下水脈を経て流れ込んできている。
その特殊な水質から漁業の場として愛されてきたものの、
害虫の活発化に伴い、その賑わいも鳴りを潜め始めている。
  • ノーマル4任務の舞台。

ガルデ城塞

ブロッサムヒル領北西部に位置する頑強な城塞。
ウィンターローズ霊峰から続く山脈ガルデより出現する
凶暴な害虫の侵入を防ぐため、昼夜を問わず厳重な警戒態勢が敷かれている。

ガルデの裾野

ウィンターローズ霊峰から続く山脈ガルデの裾野。
都市部から離れた国境付近という事もあり、フォス丘陵地と比較して凶暴な害虫が多い。
また、ブロッサムヒルの穏やかな気候とは相反して、ウィンターローズの寒い気候の影響を受ける。

ブロッサムヒル外郭

ブロッサムヒル、ウィンターローズ、リリィウッドの国境が入り交じる区域。
その特異な地理から街や集落が存在せず、
また各国とも調査や警備に消極的であり、害虫の出現が後を絶えない。
  • ノーマル任務14の舞台。

商業都市スカネ

ブロッサムヒル領南西部、ナヴィア平野に位置する商業都市。
ブロッサムヒル南の玄関とも呼ばれ、日々様々な交易が盛んにおこなわれており、
多くの商業関係者が立ち寄る都市である。
そのため、ブロッサムヒル騎士団の駐留が義務付けられている。

廃墟

緊急任務 春めくスカネの古書祭りにて登場。
商業都市スカネからやや北方にあるが、イベント内ではその存在以外は特に触れられていない。

ナヴィア平野

ブロッサムヒル南西、リリィウッドとの国境付近に位置し、
ミムイスの湖畔の西に広がる穏やかな丘陵地帯の一部にあたる平野を指す。
ブロッサムヒル南の玄関とも呼ばれる商業都市スカネを含んでいる。
  • ノーマル任務3の舞台。

ジョルン湿地帯

ミムイスの湖畔と隣接する湿地帯。
ブロッサムヒルの領土ではないが、商業都市スカネから眺望できる景色は有名である。
水深に潜む害虫が陸地に上がってきたという報告はないものの、
国境付近ということもあって警戒している騎士団は多い。

フェリアの花園

ブロッサムヒル中央に広がる花園。
世界花の恩恵が特に強く、力強く根付く木々、色鮮やかに咲く草花は、
幾度とない害虫侵攻にさらされても枯れることはなかったという。
その力強い生命力は人々を元気づけ、
春になるとひな祭りやお花見の会場として、多くの客で賑わうようになる。

その他

フォス丘陵地

  • ノーマル任務1の舞台。フォス丘陵も同じ場所とみられる。
  • 勇者とフォスが最初に旅立った場所でもある。

ウィンターローズ国境地帯周辺集落

深い森の世界花『リリィウッド』

リリィウッド2.jpg
自然との共生が思想として根付いている都市国家。
その歴史はスプリングガーデンでも特に長く、儀礼としきたりを重んじる傾向が強い。
女王の他に決議権を持つ元老院があり、何事にも慎重な採決の場が設けられているものの、
若い花騎士たちの中には即断即決による改革を望む者もいる。
街道や建築物は自然をそのまま利用したものがほとんどで、
森の中に溶け込むような街並みには心を癒されるものが多い半面、
騎士団による巡回警備が行き届かない区域も少なからず存在する。
西の荒野と隣接する国でもあるため、美しい景観とは裏腹に、厳しい戦況が続いている。
地名出典付記
深い森の世界花
リリィウッド
夏季限定イベント 天華祭-レスト・イン・フラワー天華祭の会場((寸劇内タチバナの発言)過去に散っていった花騎士の供養
天華祭の趣旨【彼女たちの魂を盛大な花火で迎える】)

世界花「リリィウッド」

世界花リリィウッド.jpg
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
深い森の世界花。
比較的古くから存在し、礼儀としきたりを重視する傾向にある。
多数の大樹と大きな湖に囲まれており、
世界花を中央に据えたリリィウッド中心街には、
リリィウッド騎士団本部や女王の暮らす城、そして城下町が存在する。

カトレア曰く、森だらけ。

ミズ回廊

リリィウッドの世界花と中心市街をぐるりと取り囲む回廊。
白百合街道や富と誇りの遊歩道と接続している。
古の言い伝えによれば、この回廊の地下深くには
とぐろを巻く巨大な"何か"が封印されているらしい。

「ミズ」はここに封印されている怪物の名前の略称が由来。「水回廊」ではないので注意。

  • ノーマル任務6の舞台。

イオル外郭

リリィウッド領北部に位置する、ウィンターローズとの国境区域。
周囲に街や集落が存在しないため、
リリィウッド市街地からの物資輸送が欠かせない。
ミズの回廊に伝わる"何か"の一部がこの地下に封印されているらしい。
  • ノーマル任務8の舞台。

無垢なる森林区

ブロッサムヒルおよびウィンターローズとの国境付近に位置する森林地帯。
街道とわかるように柵や橋が建てられている場所はあるものの、
古より人の手はほとんど入らず、原生林と言える状態が保たれている。
  • ノーマル任務5の舞台。
  • 地元の出身者でもしばらく帰省しないでいると迷子になるほど複雑な密林。

リリィウッド東監視哨

ブロッサムヒルとの国境周辺に設置された監視哨。
光の差し込む明るい森林地帯ではあるが、
やや頻繁に害虫が目撃されており、
白百合の集落を宿とする騎士たちが監視、警備にあたっている。

白百合の集落

ブロッサムヒルから国境を越えてすぐに位置する集落。
東監視哨にて監視を務めるリリィウッドの騎士団が駐留する場所でもある。
街といえるまでの規模はないが、宿泊施設や商業施設が整備されている。
大きなキノコを使用した煮込みスープ料理が名物。
  • ノーマル任務30の舞台はこの近郊。

白百合街道

リリィウッドの国土をX字に分断するように整備された街道。
北東はブロッサムヒル、北西はベルガモットバレーへと通じており、
用途も商業から催事までと多岐に渡るため、
街道としてはリリィウッドの中で最も使用されている。
  • ノーマル任務16の舞台。

富と誇りの遊歩道

北はウィンターローズから南はバナナオーシャンまで、
リリィウッド国土を縦断するように整備された街道。
多くの商人が行き交うことから名付けられたが、
市民や旅人、騎士団関係者など、利用する人々の顔ぶれは様々である。
  • ノーマル任務21の舞台。

エダの深き森

賢人エダがかつて修行をした森。
現在は彼の者が眠る墓所として、エダの祭壇が祀られている。
祭壇は経年劣化により朽ちているものの、一定周期で祭事が行われているため
人が立ち入れないほどの状態ではない。
  • ノーマル任務7および緊急任務 取り戻すべき平穏の舞台。
    +  元ネタ考察

エレンベルクの樹海

オズの神霊樹林、白き花畑などを含む広大な樹海。
ウィンターローズにあるフヴァの氷結湖を源泉とする川を境界線とし、
エダの深き森と隣接している。
その広さゆえ、害虫に対する完全な防衛網を敷くことは不可能とされ、
対策は定期的な巡回と定点的な哨戒に留まっている。

オズの神霊樹林

ノーマル任務15の舞台。
エレンブルクの樹海の一部で、その昔、賢人エダの親類であるオズの一族が住んでいたとされるのが由来。
神秘的な加護にあふれており、魔法使いを中心に保護活動が行われている一方、害虫に与えてしまう力もまた大きく、危険度の高い戦地と化している。
発見報告が極めて稀なため知名度は低いようだが、夢想改虫の異名を持つ異様な強さの害虫が潜んでいる。
平時は凶暴性は控えめのようだが、空腹時は大型害虫すら襲って食べてしまうほど。

夢想改虫に関する逸話・・・最初のレイドボスイベント『緊急任務 取り戻すべき平穏』にて極々稀に夢想改虫コッソーリィというのが制限時間15分で出現した。
HPと攻撃もさながら防御までも非常に高く(一説ではおよそ16000と推定されている)、そのため下手な攻撃ではダメージを1しか与えられない。
メインストーリー15の寸劇の編成だと本当に攻撃が効かないのである。
装備強化もなく高レアリティを揃えた団長もさほど多くなかった当時においては驚異的な強さを誇った存在であった。
運良く出会えた際は15分ほど観察してからご帰還いただくのが基本。
なお、重課金勢が束となって全力攻撃を繰り返し、討伐したという報告も僅かながらも存在する。ラオウこわい。

(ここまで反転)

エダ商業地区

リリィウッド領東に位置する商業地区。賢人エダがリリィウッドと他国の交流を取り持った経緯がある。
現在では主に商業都市スカネとの交易が盛んであり、害虫対策として堅牢な城壁が築かれている。
かつてはブロッサムヒル、バナナオーシャン以外の国とも交流があったようだが、
害虫被害の増加に伴い、街道の一つは閉ざされてしまった。

雫の森

リリィウッド南西に広がる森林地帯の一角。
世界花の養分となる陽光の雫を採取できる聖地なのだが、
他の森林地帯と比べても複雑に入り組んでおり、地元の者でも辿り着くのに苦労する。
とはいえ、この森を目指すのならば、実は夜間の方がわかりやすい。
陽光の雫を求める導きの光虫が、暗い森の中で煌々と輝き、飛び交っているからだ。
  • リリィウッド郊外にある、緊急任務 世界花に愛を込めての舞台の(あるいはその周辺で「導きの光虫」に導かれる事で行くことの出来る)森林。
  • 太陽の光を多く含み、昼は水滴と変わらないが夜になると赤く光る「陽光の雫」があり、それに集まる「導きの光虫」が生息している。「導きの光虫」が害虫化すると・・・
  • また、森のさらに奥地へと進むとリリィウッドの中心街を一望できる秘境がある。

その他

診療所

  • チューリップ四姉妹が営業。

常夏の世界花『バナナオーシャン』

バナナオーシャン2.jpg
輝くような海に囲まれた都市国家。
常に真夏のような気温で日差しが強いものの、心地よい海風と
巨大なバショウの葉が落とす影で快適に過ごすことができ、居住地としても観光地としても人気が高い。
また陽気な国民性から年中お祭り事が開催され、女王の葬儀すら騒がしく行われるが、
「苦難を身近なものと捉え、祭りというかたちで受け止める」という想いがここには込められている。
そうした賑やかな側面を持つ一方、交通手段の技術水準が高い国としても知られており、
船舶のほか、熱気球や飛行船と言った空の移動手段もかつてベルガモットバレーと共同で開発された。
地名出典付記
常夏の世界花
バナナオーシャン
遊び方→花騎士たち→フラワーナイトとは
スイレン:プロフィール
アサガオ等ボイス
緊急任務 真夏にきらめく一滴の想い
緊急任務 光華祭トロピカルプリンセス
クチナシ:キャラクエ
施設:騎士団学校・騎士団・王宮・孤児院・海岸(ラカタンビーチ)
店:お食事処「なつくさ」(居酒屋?)「さみだれ」(老舗の風格漂うお店)・海の家なずな(ラカタンビーチ)
雑感:田舎くさい(イブキトラノオ) 笑顔に満ち溢れている(スイレン)
※孤児院がバナナオーシャンにあるかは確定ではない
真夏の時期には海水浴客が来ている。

世界花「バナナオーシャン」

世界花バナナオーシャン.jpg
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
常夏の世界花。
太い幹と大きな葉が特徴で、この日陰で中心街は比較的過ごしやすい。
一年中続く真夏のような気温と陽気な国民性で常に賑わいを見せ、
毎日のようにお祭り事が開催されている。
特に世界花が実をつける夏季は盛大に盛り上がり、観光客も多く訪れる。

ラカタンビーチ

バナナオーシャンの南東に位置する、白い砂浜が特徴のビーチ。
多くのマリンレジャーが楽しめるため、人気の観光スポットになっている。
家族連れからカップルまで、老若男女が楽しめるスポットとあってか、人の賑わいが絶えない。

リゾート都市プラタノ

中心部から南へ降りた場所にある都市。
バナナオーシャンの中でも高級リゾート地として知られている。
水上コテージから眺める夕日は絶景の一言。
ラカタンビーチとは対照的に、海辺で静かに過ごしたい観光客が集まっている。

へーオスの密林

バナナオーシャンの南西に位置する場所。
背の高い木々が生い茂っており、中に入ると昼でも薄暗く感じられる。
海の上にもいくつか島があり、それらも含めて密林地帯、と称される。
害虫の出現率は高く、他の国に比べカラフルな体表をしているのが特徴。
暑さに強い種が多いことが確認されている。
  • ノーマル任務19および10番目の極限任務 密林のツガイの舞台

ギャヴェンの双子碑文

海を見渡しているかのように存在する二つの碑文と、それを取り囲む建造物。
いつ、誰が、何の目的で建造したのか。その記録はバナナオーシャンの王室にも存在せず、
碑文に刻まれた文字はいまだにほとんどが解読不能だという。
一説によると、大昔に滅びた国で使用されていた言語が基盤となっているらしいが……。
  • ノーマル任務23の舞台。

ダイダイ灯台

バナナオーシャンに出入りする船を照らす灯台。その光は海の向こうにある国まで届くという。
船舶に関わる者だけでなく、ジャングルの中に集落を構える人々からも愛され、
暗闇を照らすその光は「夜の太陽」と親しみを込めて呼ばれることも多い。
害虫の標的にもなりやすいため、警備体制は厳重である。
  • ノーマル任務22の舞台。

ティエト・ピィエン島

バナナオーシャンを取り巻く諸島の一部。
東のティエト島、西のピィエン島はそれぞれ別の島と考えられていたが、
ツガイとして行動する害虫がどちらの島にも生息していたため、
もともとはひと繋がりの島だったのではないか、と考えられるようになった。
海を越えて再会した害虫のツガイは、さらに勢力を広めているという……。

エムオン島

バナナオーシャンの小島群では最大の、南西に浮かぶ島。
かつては一部のビーチがバカンスを楽しむ人々に開放されていたが、
対古代害虫用兵器「クジラ艇」の開発および発着のための島として再整備された。
滅びの荒野を臨む南の島から今、希望の船が飛び立つ。

緊急任務 クジラが空を泳いだ日にてナズナが秘密裏にクジラ艇を開発していた島。

+  クジラ艇実装前の説明文

キルクの遺跡

魔女と呼ばれた古代の賢人キルクが、自身の権威を示すため建造したとされる遺跡。
敷地のほとんどは長い年月により朽ちてしまい、境界線すら曖昧になっている。
しかし黄金の果実を祀る巨大な祭壇だけはほぼ当時のままの姿を保っており、
その地下には、キルクの趣味で蒐集された様々な知恵や技術が眠っていると言われる。
  • ノーマル任務34の舞台。

その他

  • 孤児院
    • アサガオ・ヒルガオ・ヨルガオが引き取られ育った場所(※バナナオーシャンにあるかは定かではない)

風谷の世界花『ベルガモットバレー』

ベルガモットバレー2.jpg
急峻な渓谷地帯に根付く世界花を中心として栄える都市国家。
空中都市とも呼ばれる段丘の街並みや、女王の統治が行き届いていない秘境があるなど、
平地に街を築く他の国家とは様々な点で趣を異にする。
その独特な自然環境は多くの技術向上を促し、水位や風力を利用した装置のほか、
バナナオーシャンとの共同開発では飛空船の実用化を成し遂げたが、
基礎となる技術体系を築いたのはたったひとりの天才発明家だという。
快適性のために自然を制御しようとする側面が見受けられる一方で、
秋に実る果物等は国内だけの需要にとどまらず、観光客を呼び寄せる目玉となっている。

世界花「ベルガモットバレー」

世界花ベルガモットバレー.jpg
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
風谷の世界花。
縦横無尽に伸びる枝が峡谷の都市を支えている。
季節と共に葉の色が紅に黄色に変化するのが大きな特徴。
高地にあるため害虫に襲われにくく、朝露に包まれて峡谷に浮かぶ姿は壮観である。
  • カトレア曰く、「谷ばっかり」

フラスベルグ峡谷

リリィウッドとの国境線に近い峡谷地帯。起伏が非常に激しい。
峡谷の入り口には警備隊の詰め所があるものの、
山間部は過酷な環境に適応した害虫が多く闊歩し、魔窟と化している。
  • ノーマル任務17の舞台。

ウカガミの谷

ベルガモットバレーの代名詞にもなっている深い峡谷郡。
高地から流れる滝には世界花を潤す力があり、スプリングガーデン随一の水源とされている。
この恩恵を最大限に活用するために水力、風力といった自然と共生できる技術が発展してきた。
また、険しい地形は愛染流を修める花騎士の修行の場としても活かされている。

ルートニーの丘

ケンザンのからくり屋敷跡

ウカガミの谷奥深くにそびえる巨大な建造物。
かつて、ベルガモットバレーの様々な技術を作り上げた天才発明家ケンザンが住んでいた。
ケンザンの発明の集大成でもあり、ありとあらゆるカラクリが張り巡らされている。
その地下には、まだ誰も知らない研究成果が眠っていると噂されるが・・・・・・。

桃源郷

どの国家にも属さずに独立して存在する歓楽街。
様々な花魁がいるスプリングガーデンの理想郷とも呼ばれ、
独自の自警団によって治安が成り立っている。
周囲は水路に囲まれており、出入り口が橋一本しか存在しないため要塞のようでもある。

ゲッカビジンやオトギリソウのように過去に害虫に関連した被害によって流れ着いた者も多い、そのために害虫に深い恨みを抱いている者が多くいるようだ。
ゲッカビジン「訳あって、桃源郷の者は花騎士として活動できない者達ばかり。表向きは夜の街として、裏では自警団として、害虫と戦っていくでありんす。」
※ハナショウブが女将を務める旅館の名前も桃源郷なので混ざらないよう注意。
※国家に属さないと説明されるが、場所はベルガモットバレー領内の様子。キャラのステータス上では所属国家はベルガモットバレーになる。

実りの渓谷地帯

秋の訪れとともに様々な果実を実らせる渓谷地帯。
地形の緩急が激しいベルガモットバレーでは貴重な観光資源とされ、
秋になると急増する観光客のほとんどがこの地を訪れる。
特にほくほく芋が絶品であり、その魅力は害虫までも惹き寄せてしまうとか。
  • ノーマル任務25および緊急任務 山と紅葉と食いしん坊の舞台。
    桃、栗、柿、梨、葡萄、林檎と、秋に様々なものが実る土地。
    そこにある山道のひとつを登ると世界花ベルガモットバレーが一望できる。

マフル高原

ベルガモットバレーでは珍しく、平坦な地形が広がる高原。
周辺地帯の警備拠点としてはうってつけであり、基地や監視哨が点在する。
そのため屋外訓練場が整備されており、
年に一度開催される「花騎士競技会」の会場に指定されている。

生命の湯

険しい渓谷地帯のどこかにあると言われる秘湯。
その効能は美容や健康どころか、若返りや不老不死にさえ効くとされる。
「偶然発見することができた」という複数の騎士団の証言で存在自体は明らかになっているが、
不思議なことに、再びこの秘湯を目指しても何故かたどり着くことはできないらしい。

その他

雪原の世界花『ウィンターローズ』

ウィンターローズ2.jpg
中心街を世界花の結界に守られている都市国家。
真っ白な森や広大な氷結湖、天然のクリスタルが散見される遺跡など、
美しい雪景色は観光スポットとして注目を集めることも多い。
一方、それらは過酷な自然環境の証でもあり、街から一歩出れば豪雪地帯が待っている。
そんな中で暮らす人々は忍耐強く、ある意味で頑固者とも呼ばれ、
花騎士の中にも気骨があり、一本気な性格の者が多い。
この国の女王は幻想的な雰囲気に包まれたロマンティストであり、
害虫の脅威をなくすという人々の夢のため、自ら花騎士となり戦線に赴いている。

世界花「ウィンターローズ」

世界花ウィンターローズ.jpg
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
雪原の世界花。氷のように透き通っている。
人々の主要な生活圏はこの美しい花の魔力結界に覆われている。
天然のクリスタルが豊富に存在し、それを使った工芸品が有名。
その寒さから様々な行動に制限が生じる環境で、人々は最大限の工夫を凝らしながら暮らしている。

特産品はガラス・クリスタル細工の工芸品。
詩集も発行されている。一体どこの王室が発行したのやら
サフランの家系が経営する王室御用達のファッションブランド「アスファル」発祥の地でもある。

閉ざされたお屋敷

雪原を越えた森の近くに、三人の女の子が暮らすというお屋敷がありました。
一人は元気でやんちゃな子。いつも遊ぶことばかり考えています。
一人は面倒見のいい子。だけど、ほかの二人にちょっと振り回されがちです。
そして一人は、とても美しいお姫様。不思議な力を持つせいで、ここに閉じ込められました。
・・・・・・でも本当は、どんな人がここに住んでいるのか、実は誰も知らないのです。
  • 説明文から、カトレアの屋敷と思われる。

ナイドホグル雪原

普段は美しい雪景色を見せるが、不定期で吹雪が起きる雪原。
その脅威は凄まじく、ウィンターローズの人間でさえも生命を落とす者が少なくない。
吹雪が起きる度にその景観を変えることから「白き悪魔」の異名を持つ。
  • ノーマル任務11の舞台。

ギオル川

ウィンターローズ中心街からフヴァの氷結湖へと至る川。
人里の少ない広漠な雪原地帯においては貴重な道標であり、
騎士団の間でも、基本的にはこの川が見えなくなる以上の距離へは
行軍しないことになっている。
  • ノーマル任務32で通過した。

フヴァの氷結湖

ウィンターローズのやや南西に位置する氷結湖。モズ森林区とも近い。
地下深くには、古の時代に猛威を振るった恐るべき"何か"が封印されているという。
その巨体は想像を絶し、胴体だけでもナイドホグル雪原まで続くと伝承されている。
  • ノーマル任務10、29、32の舞台。
  • 後半のノーマル任務での背景には、凍った湖面からはみ出した巨大生物の骨らしきものが確認できるが…

モズ森林区

リリィウッドとの国境付近に位置する、ウィンターローズ最南端の森林区。
寒さに強い種の害虫が数多く確認されている。
伝承によれば森林の奥地は死者の国へ通じており、
あの世への案内役を務めるモズという巨人族の娘が住んでいるとされる。
  • ノーマル任務9の舞台。

霊峰

ウィンターローズの南に位置する霊峰。その山脈はブロッサムヒルへと続く。
古来より修業の場としても名高く、今日でも己の技を磨かんとする修行者が絶えない。
ここで精進すると「霊峰のお告げ」が聞けるという噂もあるが、真偽の程は定かでない。

エルモズ山麓

ウィンターローズ霊峰からモズ森林区方面へと広がる境界部。
もともとは森林を追われた弱い害虫たちがたどり着く墓場であったが、
長い年月を経てこの過酷な環境に適応する種が誕生し、現在は森林地帯よりも危険視されている。
その中でも特に力のある個体は、何かに導かれるようにして霊峰の頂上を目指し始めるという。
  • ノーマル任務31の舞台。

ダインの遺跡

古代の賢人ダインが大いなる力を封印したとされる遺跡。
高くそびえる塔が目印。
今は遺跡全てが氷に覆われていて中に入ることが出来ず、その外見しか見ることが出来ない。
別名「氷の神殿」とも呼ばれ、ウィンターローズの観光スポットになっている。
  • ノーマル任務12の舞台。

封印大氷壁

ウィンターローズの北部にある、巨大な雪山が周囲を取り囲む地域。
絶え間なく死の吹雪が吹き荒れ、
ウィンターローズに住む者はおろか害虫すらも近寄ろうとはしない。
伝承によると、千年前、勇者がその強大な魔力をもって
この地に多くの凶暴な害虫を封印したといわれる。

グリドの白き深淵

ウィンターローズ最北端に位置する白銀の森林地帯。
スプリングガーデンの最果てとも呼ばれ、
世界花から遠く離れているにも関わらず強い魔力が渦巻く。
そのせいか凶悪な害虫が多く住み着いており、奥地は第一級危険区域に指定されている。
  • ノーマル任務34の舞台。渦巻く強い魔力の原因は奥地にある「ナイドホグルの尾」と呼ばれる木。

エトゥ神殿

ウィンターローズとベルガモットバレーの国境付近にある神殿。
主には祈願成就のため、年始めに訪れる客が多い。
スプリングガーデンには様々な様式の神殿が存在するが、
秘境めいた立地からか、この神殿の伝統的な風習である「お賽銭」はあまり浸透していないようだ。
  • ノーマル任務28および緊急任務 笑う花には福来る緊急任務 鐘つき餅つき運のツキ!?の舞台。
    新年に一年の祈願成就のため、お金や収穫物などの奉納をする行事(というか初詣)で賑わっている。
    古くは神様の恩恵に対する感謝の気持ちとしてだったそうだが、現在では秋の終わりにリリィウッドなどで行われる祭礼にその役割を譲っている。
    そのためなのか、スプリングガーデンでは初詣という行事自体を知らないという人もいるようである。

フィユル川

ウィンターローズ最北東を流れる川。
スプリングガーデンで最も冷たい川として知られ、誤って落ちたら命はないと言われている。
水面に浮かぶ流氷はなかなか溶けず、一般的な商隊でもバナナオーシャンまで保つようだ。
また、この周辺には地図にない町があるらしい。
事情は定かでないものの、この僻地で温泉が湧いたとの噂もあり、一部で注目を集めているとか。

地図にない町

『フラワーナイトガール ―雪降る町のトリカブト―』の舞台となっている町。
元々は封印大氷壁を熱気球によって上空から監視する北方監視哨で、そこから発展した町。
しかし、長らく封印大氷壁に変化がなく、吹雪が絶えず吹き荒れるために観光客も気軽に訪れる事も難しいため、見る間に寂れてしまった。

観光名物は熱気球と入り放題の温泉。効能は疲労回復、美肌効果、冷え性改善、バストアップ。他の国への輸出も承っております。
美味しい地酒もあるよ!詳しくは小説で!

その他

枯れた世界花『コダイバナの国』

コダイバナ2.jpg
スプリングガーデンで最初に害虫が発生したとされる亡国。
世界花の恩恵を失ったことにより、地は裂け、水は濁り、空気は汚染され、
その全土は人が住めない程に荒廃し、かつて栄えていたという国の面影はどこにもない。
今となっては害虫の総本山と恐れられ、
討伐に向かったまま行方をくらませた騎士団は数知れず、
ベルガモットバレー、リリィウッドの国境を猛毒のように侵食し続けている。
千年前の悲劇の背景には、死にゆく世界の支配者なる存在が示唆されているものの、
古くからの伝承の解釈は多岐にわたり、真実を知るものはほんの一握りと言われている。

「今も続くスプリングガーデンの混乱を招いた国」(緊急任務 古代華の残り香より)、とされている。
推測だが、千年前に世界の外側と繋がる深淵の扉を開いた諸悪の根源があったのかもしれない

世界花「コダイバナ」

スプリングガーデンに遥か昔から存在する世界花の一つ。
金色に輝く雄大な世界花だったが、害虫の出現によって浸食され枯れてしまった。
現在は害虫の巣窟となっており、どこからともなく凶暴な害虫が湧いて出てくる。
各国の騎士団が幾度も討伐に向かっているが、
中心部であるコダイバナにたどり着くことはできていない。

緊急任務 古代華の残り香の舞台。その土地柄ゆえ、詳細な場所は不明。
以下ネタバレ反転
タチバナはイベント後半中級で「害虫が世界花の恩恵を国ひとつ丸ごと枯らすほどに独占している」と表現している。
どうやらコダイバナは完全に死滅した訳ではなく、世界花としての復活の芽があると見られているもよう(上手いこと言ったつもり)。

その復活には「生命の源泉」の力が凝縮された生命の結晶が役立つ(オトギリソウイベントの説明を参照)と言われており、
現にその成果がコダイバナの技花という形で花騎士への恩恵を得ることが出来る。

滅びの都市ブレーメン

枯れた世界花の極東に位置する都市。
かつては繁栄都市と呼ばれ、キルフ交易路を通して多くの人や物が行き来していたが、
現在は構造物の跡が不気味に残るゴーストタウンと化している。
  • 緊急任務 滅びの都市ブレーメンの舞台。
    復刻イベントで追加された会話にて、リリィウッドとベルガモットバレーに近く、キルフ交易路の中間拠点として利用されていた事により、コダイバナの都市でありながらも滅ばずにいたと判明。
    ラベンダーが幼い頃に訪れた記憶のブレーメンはとても美しい街であったと言及している。
    害虫の襲撃をうける前のブレーメンは他都市・他国家との交易も活発であった事が予想される。
    だとすれば繁栄都市の頭文字も納得である。

ブレーメン防衛基地跡

ブレーメンを防衛するため、スプリングガーデンが各地から有志が募って設置された基地の跡地。
古代の脅威と呼ばれる害虫の出現により都市ごと壊滅させられてしまい、
現在はその跡地だけが生々しく残っている。
  • ノーマル任務18の舞台。

キルフ交易路跡

繁栄都市ブレーメンを中心に、ベルガモットバレーとリリィウッドをつないでいた交易路の跡地。
かつては多くの人々が往来していたが、ブレーメンの壊滅後、
両国との国境は厳重な警備により閉鎖され、今なお通行不可となっている。

英断の滝

フヴァの氷穴湖から連綿と続く川を源泉とする滝。
事実上、この滝の落ちる崖がコダイバナとの境界線であり、これより西への進行は禁じられている。
また、滝の裏側には巨大な空洞があるようだ。
滝上からでも聞こえる怨嗟のうめき声は、洞穴に蠢く害虫のものか、
それとも、千年前に滅びたコダイバナの国の人々のものなのか――。

湖畔の世界花『ロータスレイク』

  • 繁華祭 フォスフォレシアイベント内でリューココリーネが存在に言及。
    ストロベリーキャンドルの出身地である以外、
    国家なのか地方なのか都市なのか一切不明。
    • 7つの世界花が存在するスプリングガーデンで現在解放されている世界花はコダイバナを含めた6国家。残るはワールドマップ右下の雲がかかっている部分であり、部分的だが大部分が湿地帯であることが伺える。
      「ロータスレイク」=「ハスの湖」と解釈することができる為、解放されていない最後の世界花の名称という予想もある。
    • 以下ネタバレ反転
      メインストーリー19-5の会話シーンでセントポーリアが船でバナナオーシャンからブロッサムヒルの港町まで向かうためにロータスレイクをぐるっと大回りしないといけないと発言。
      上記の地図でバナナオーシャンからブロッサムヒルまで海路で向かうのに大回りする必要がある場所とは、まさに右下の雲がかかっている部分である。
      このことから、上記の予想が正しい可能性が高まった。
  • 緊急任務 静かな湖上の境界線の舞台。
    正式にワールドマップ上に表示が追加され、上記の予想の通りの位置関係であることが判明した。
  • そして緊急任務 水鏡の境界の先への開始にともない遂にワールドマップの雲が晴れその詳細が明らかになった。
    中心都市は湖上の巨大なハスの世界花の立体的な葉の上に築かれ、周囲に浮かぶ蓮の葉同士に橋をかけて湖畔との行き来を可能にしている。水面上の往来は小舟によって行われているようだ。
    File not found: "ロータスレイク2.jpg" at page "ワールドマップ"[attach]
    スプリングガーデン南東に位置する都市国家。
    枯れた世界花から最も遠いこの国は現在、他国との交流がほとんどない。
    人の行き来を阻むように広大な湖や湿地帯が境界線を成しており、
    断崖のせいで、海側からのアプローチも南部の港町以外ほぼ不可能となっている。
    国土の大半が湖で、人々は巨大な蓮の葉の上に街を築いて生活しており、
    主に漁業や山葵*1の水耕栽培を日々の生活の糧としている。
    また、その独特な地形から攻め入ってくる害虫が限られているため、
    防衛戦略は洗練されており、少ない戦力でも迎撃できる術を持っている。

世界花「ロータスレイク」

File not found: "世界花ロータスレイク.jpg" at page "ワールドマップ"[attach]
(公式サイト下部の「ライブラリ」より少し広めの範囲の画像もダウンロード出来ます)
湖畔の世界花。天に向かって鮮やかに咲き誇る。
人々は大きな蓮の葉の上に居住区を持ち、中心部は四層に分かれた立体構造となっている。
また、世界花の力で浄化された淡水が運河として街中に流れているため、小舟を利用した移動が多い。
街の広場では女王や踊り子による儀式が執り行われるが、
「踊り」を主体としたその教えは民衆にも広く受け入れられており、信奉者は非常に多い。

中心街の湖の底にはもう一つの街、水中都市が存在している。
世界花の力でつくられた泡によって人の生活空間は確保されており、水底という特殊な環境のため害虫に襲われることがなくスプリングガーデンで最も害虫から遠い場所であった。
その水中都市の存在を外部に知られると移民が大量に押しかけ環境が崩れることが懸念されるために、ロータスレイクは永い年月他国との交流を断り鎖国状態を続けていた。

雄弁なる花園

多くの蓮の花が咲き乱れる花園。
それらは複雑に絡み合っているため、主な往来手段は小舟を利用する。
観光スポットとして国民からは愛されているが、
他国と接するその向こう側への渡航が固く禁じられている。

蓮の里

中心街から離れた位置にある集落。
世界花の加護により浄化された水を引き揚げ、山葵の棚田を中心に村を形成している。
最下層の外周は居住区と倉庫街になっており、
西方にある船着き場から、収穫された山葵を出荷して日々の主な稼ぎとしている。

清心の湖畔

ロータスレイクでは数少ない、陸地に構えられた居住区。
「地に足をつけて生きる」という教えに感銘を受けた人々がこの地を訪れるが、
水上での暮らしに慣れ切った者は、逆に陸酔いで悩まされるという。
また、ロータスレイクでは珍しい「海」に近いことも人を惹きつける理由となっている。

双頭蓮の岸辺

入江の両端に祭壇が位置する岸辺。
祭壇はかつて儀式の際に利用されていたというが、
その入り口は何故か陸ではなく湖の方を向いている。
また、古くは「双頭蓮の丘」と呼ばれていたようだ。

断崖の水都ロータスルート

ロータスレイク南部に位置する、断崖の上下に作られた町。
崖下の港町がバナナオーシャン・ブロッサムヒルとの交流窓口、
崖上の街が中心街へ物資を運ぶ拠点となっており、
町全体は貿易を中心に栄え、ロータスレイクの海の玄関口として機能している。
ただし、崖上の街へはロータスレイク出身の物しか基本的には立ち入れない。

悲哀の巨塔

大昔に建てられたとされる巨塔。現在は廃墟になっている。
誰が何のために建造したのか、どうしてこのような名で呼ばれているのか、
その一切が遠い過去に忘れ去られ、不明とされている。
また、入り口らしきものが見当たらないこともその謎に拍車をかけている。

その他

地図に無い村(仮称)

《注:公式小説2巻に登場する「地図にない町」(フィユルの町)とは異なる》
世界花各地に点在する小さな集落群。世界花の恩恵の領域下にある中心街に移り住むことができない貧しい住人達が住んでいる。
騎士団が定める「敵勢力地域」圏内に含まれており、人が住んでいない地域として見なされた結果、事実上の孤立集落に至った。
日々の業務に明け暮れる騎士団側もそれらの存在に気づかない為、花騎士の常駐どころか巡回警備すらも無い危険な環境下にある。
害虫からの脅威に対しては「罠を仕掛ける」「地下壕に隠れる」ぐらいの対処法しか無く、日々危険と隣り合わせの状態。
そんな集落を救おうとする有志の花騎士達(ヒメシャラベルゲニアなど)が空いた時間に集落を訪問し、
「勉学・治療法・対害虫戦術」の教育や物資供給を無償で行っている。 (ベルゲニアCQより引用)

ディスプロジア

  • 1番目の極限任務 滅びの荒野の舞台。害虫に滅ぼされた世界花。
    • スプリングガーデン西端に位置する荒廃した大地。
      現在4体の強大な害虫が発生し、多くの騎士団が奮戦するもすさまじい勢いで国境を浸食しているという。
  • のちに公開されたワールドマップでは、西端にある荒廃した土地の世界花は「コダイバナ」となっている。
    ディスプロジアがコダイバナの別名なのか、それともベルガモットバレーのさらに西にある土地を指しているのか等、詳細は不明。

トワイライ島

  • 2番目の極限任務 宵闇の草原の舞台。
    • バナナオーシャンから遥か南の海洋に浮かぶ未開の島。伝承の中では昼夜の概念がないとか、古代の装備が眠っているとか、その装備は強力なガーディアンに守られているとか・・・

各種イベント舞台一覧

+  ...

コメント

※コメント内での各種ネタバレをどこまで許容するかは作成現在未定です。

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • シナリオ進めている時にこそワールドマップを見たいから、充実しているここの情報は凄くありがたいです。 -- 2016-05-07 (土) 16:37:25
  • ワールドマップでロータスレイクの説明見られるようになってる 湖畔の世界花ですって -- 2016-05-16 (月) 17:00:01
    • ロータスレイクは実質鎖国状態なのかな? -- 2016-05-16 (月) 20:32:10
  • 今回のイベントMAP全景! 多分こいつは後半MAPの色だと思うけど。明るいのと暗めのがあったから -- 2016-05-16 (月) 18:18:26
  • 春と夏の間にある今回のマップは梅雨の季節・・・それで湿地帯か、滅びの町は秋梅雨ってところか -- 2016-05-17 (火) 04:05:40
  • ワールドマップの差替えと、世界花であることが確定した為ロータスレイクを他の世界花と同レベルのカテゴリに独立させました。おかしいところあったら微調整願います。 -- 2016-05-17 (火) 21:42:01
  • こなしたイベント一つ一つが世界観として加わっていくのは面白いよね -- 2016-10-13 (木) 17:33:18
  • 今こうやって眺めていると、バナナオーシャンのイベント率が低いんだな。季節柄夏イベ向けだからか -- 2016-10-19 (水) 04:16:06
  • 情報追加された地名を反映しました。画像は変わっていません。 -- 2016-11-15 (火) 06:44:03
    • 乙ですー。さりげなくノーマル任務の舞台まで追加してくれてるし -- 2016-11-15 (火) 22:10:30
  • 素朴な疑問だが、キャラクエとかだとブロッサムヒルからリリィウッドまで1日で行ったりしてるけど、距離感がおかしくないか? -- 2016-12-20 (火) 14:11:09
    • 季候がバラバラなだけで元々春庭はかなり小さい地域だぞ -- 2017-02-12 (日) 18:48:28
      • グランデ・フルールの時とかアカシア隊が特に疲労した様子もなく各国の首都回って票回収を1日のうちに2周してるから…全土合わせてもどこかの県くらいの大きさ? -- 2017-02-20 (月) 23:21:56
      • アカシア隊、そんじょそこらの車よりかは速そうだけどなぁ -- 2017-02-20 (月) 23:37:42
  • 去年のイベントでエト神社MAPの全景が出なくて、今年で補完できるかと思ったら門松が追加されてて使えなかった、がっでむorz -- 2017-01-05 (木) 11:30:50
  • 枯れた世界花にスズランとラベンダーを送り込めばいいと思う -- 2017-01-08 (日) 22:39:52
  • 温泉イベの背景はノーマル任務27のMAP使いまわしだった・・・まだ全景にならないなぁ。特に右上の辺り・・・ -- 2017-01-12 (木) 14:30:49
  • 今回のロータスレイクの双頭蓮の岸辺の説明を見るに、ひょっとして遠い昔は湖はなかったのだろうか・・・ -- 2017-02-21 (火) 00:04:58
    • 昔は水面がずっと低かったのにだんだん水が増えてきていて、それが国の危機だったりするかも(海面上昇で国土が無くなりそうなモルディブのイメージ) -- 2017-02-21 (火) 00:12:19
    • 一瞬だけあの湖は巨人が倒れた凹みで、悲哀の巨塔は地面に刺さった太陽の剣だったりしてとか考えたけど、さすがに巨人さんそこまでデカくはないよねw -- 2017-02-21 (火) 10:06:12
    • 湖底にも都市があるから、その可能性はある。こんな感じで -- 2017-02-23 (木) 15:00:50
  • ロータスレイクの悲哀の巨塔の絵を見たら、アルトネリコを思い出したよ -- 2017-02-21 (火) 03:30:27
  • ロータスの画像追加とかバナナのマップ画像更新とかしたいんだけど、これってどうやって作ってるのかな? -- 2017-03-03 (金) 12:55:31
    • 先にロータス関連の記述だけ作っておきました。 -- 2017-03-03 (金) 14:14:49
お名前:

*1 わさび

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-03 (金) 14:14:03 (23d)